トップページへ > 宮坂醸造(真澄)

創業350年以上 八ヶ岳エリアで愛される
「真澄」蔵元 宮坂醸造

澄んだ空気と寒い気候、名水に囲まれている八ヶ岳エリアは、様々な酒づくりが盛んな地域です。特に、日本酒は町の人々の生活に密接に関わっており、古くから愛されています。

「酒は農家と蔵人の共同作品である」と唱える宮坂醸造(真澄)は、産地と品種が明確な酒米だけを玄米で仕入れ、自社で精米しています。その酒米を大切にしつつ、蔵人が代々伝えてきた技術を更に磨き上げ、毎年美味しい酒を作り続けています。

「七号酵母」発祥の蔵

宮坂醸造(真澄)は寛文2(1662)年創業。諏訪大社の宝物「真澄の鏡」を酒名に冠し、長野県諏訪の歴史を酒造りで伝えてきました。その350年以上の歴史はもちろんのこと、優良な清酒酵母として現在でも全国の酒蔵で使われている「七号酵母」の発祥蔵としても有名です。
「七号酵母」はもともと真澄の酒蔵に住み着いていた「蔵つき酵母」でした。発見当初は華やかな吟醸香を醸し出す酵母でしたが、長い間に少しずつ変化していき、現在では香りは穏やかでバランスのとれた味わいが、吟醸酒から普通酒まで幅広く利用され、全国60%の酒蔵で活躍しています。


八ヶ岳の酒にピッタリ合うのは、八ヶ岳の絶品食材!

2020年、八ヶ岳地域に愛される酒蔵の宮坂醸造(真澄)と、八ヶ岳周辺の美味しいものをペアリングしてご紹介する、ハチカッテオリジナルのコラボレーションがスタートしました!
真澄の季節酒と、ハチカッテがオススメする旬の食材を、地域ならではの食べ方とともにご紹介していきますので、ご期待ください!!





商品一覧

在庫:
並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~7件 (全7件)

1件~7件 (全7件)

ページトップへ