トップページへ > 宮坂醸造(真澄) > 宮坂醸造の甘酒

創業350周年 諏訪の歴史をお酒造りで伝える宮坂醸造

宮坂醸造は、信州諏訪 7号酵母発祥の酒蔵です

八ヶ岳周辺は、おいしい水と空気が昔から豊富だったため酒造りが盛んでした。その中でも、地元の人の誇りとして、祭りのときも、普段も飲まれて来たのが「真澄」。その歴史は長く、創業350年になります。


40年近い歴史を持つ真澄富士見蔵

ハチカッテでご紹介する糀あま酒を作るのは、長野県富士見町にある蔵です。富士見町ののどかな大自然の中にあり、蔵人達の熱気が伝わってくる歴史ある蔵では、酒造りのノウハウと、最新のテクノロジーを駆使して安心・安全な食品づくりもしています。


ついに見つけた飲みやすい糀あま酒

あま酒には米糀だけでつくる「米糀あま酒」と、酒粕と砂糖から作る「酒粕あま酒」があり、大晦日やお祭りの際によく出てくるのは酒粕の甘酒が多いです。これまで「あま酒は苦手だな」と思っていた方も、米糀のあま酒を一度飲んでみてください。あま酒の印象が変わります。
真澄の糀あま酒は、米と麹でシンプルにできており、富士見町のルバーブやざっこくなど、八ヶ岳の素材を使った商品開発も行われています。
酒造りの歴史と八ヶ岳の恵みの詰まった「真澄の糀あま酒」が、いよいよハチカッテに登場です。





商品一覧

在庫:
並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~2件 (全2件)

1件~2件 (全2件)

ページトップへ