笑顔になる花

八ヶ岳から、皆さんを笑顔にする「旬の花苗セット」をお届けします

「お花でもっと笑顔を。」がモットー

2011年創業の麓Farmさんは、八ヶ岳で、1年を通して花苗を生産しています。

その数、年間100種。主力品目は、ラベンダー、ジニア、ネメシア、マーガレットなどで、全国の園芸専門店に旬の苗を提供しています。


八ヶ岳エリアは、寒暖差や豊富な紫外線量などの気候の特色を活かし、色鮮やかで良質な花の生産エリアであることをご存知でしたか?

その中でも、「麓Farm」さんは、「お花でもっと笑顔を。」をモットーに、土や、根の張りにもこだわって、手間をかけて生産しているので、「とにかく花が元気が良い!」と評判なんです。

Uターン&Iターンで、就農決意!

長野県原村出身の齋藤さんは、ご自身のご両親がシクラメンの生産者でしたが、進学や就職のため上京され、理学療法士として勤務されていました。
介護福祉士であった旦那さんと、数年前に田舎暮らしがしたくて、Uターン。すると旦那さんはご両親の作る花に刺激を受けて、突然就農を決意され、ご家族と女性スタッフの皆さんで、麓Farmを運営しています。


農林水産省の掲げる農業女子プロジェクトにも参加し、コミュニティ形成や発信をされ、平成29年には、農業の未来をつくる女性活躍経営体100選(WAP100)にも選ばれました。

原村から発信する生産者として、ハチカッテをご覧になる八ヶ岳住民とファンの皆様に、笑顔の素「旬の花苗セット」をお届けします。




商品一覧

在庫:
並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~1件 (全1件)

1件~1件 (全1件)

ページトップへ